ヤリ友とたまに会ってホテルで行為に及ぶイロハ

まず部屋に入ったら二人だけの空間を感じながらくつろぎリラックスしましょう。

どちらか一方が緊張していると伝染して相手も緊張してしまうのでとにかくリラックスする事が重要です。

 

音が無く寂しい時はUSENを流したりテレビを付けるようにしましょう。

静かな空間でシーンとしていると緊張しますからね。

隣の部屋からエッチな声が聞こえて来れば興奮しそうですが、ホテルは防音設備はしっかりしていますからね。

静かなのが苦手なら取りあえずテレビを付けちゃいましょう。

 

もちろん口も乾くのでドリンクを飲みたいのですが、冷蔵庫にはフリーのミネラルウォーターもありますしお酒も最低限ベールや酎ハイ、ハイボールくらいは入っています。

種類が少ないのでフロントに電話して持ってきてもらうのもいいでしょう。

 

お酒好きなら飲むとリラックスできますしテンションもアップするので飲んじゃうのもアリです。

もうすでに飲んできたのなら水で酔いをさますようにして下さい。

男の方が飲みすぎてダルくなってやる気が無くなっていると女性もその気になりませんからね。

男側はエロエロモード全開にしておいた方が良いです。

 

ヤリ友とたまに会う場合は入室してすぐにシャワーを浴びてしまう方が相手にも喜ばれたりします。

ダラダラ時間をかけていると終電が来てしまったり、早く帰りたい場合もあるので、テンションが上がっているうちにヤッちゃいましょう。

それはそれで女性にも喜ばれたりします。

グズグズしているより男らしく早く行動する事も大切です。

 

ヤリ友ができたら毎回行くであろうホテルも事前に調べておかなければいけません。

どこでも同じだろうと思うかも知れませんが、値段外観部屋の内装大きさ綺麗かどうかなんて全然違います。

スタッフの対応も全然違ってくるので良い気分で気持ちよく変えれるか気分が悪くなってしまうかはホテル選びで決まります。

 

実際に入って見ないと良し悪しは分かりませんが、ネットで検索すればラブホテルの口コミは沢山アップされております。

支払い方がフロントとかスタッフと会うのか無人支払機で誰とも会わずに利用できるとか。

あまり見られたくない関係の場合は空室のランプが光っているボタンを押してそのまま入室できる施設を選んで下さい。

支払もルーム内の自動支払機からでき、スタッフに一切会う事なく利用できるラブホは多いですし、それがラブホテルの魅力です。

普通のホテルは受付で名前や住所とかを記入しますからね。

まさにヤリ友とエロい行為をするのにピッタリです。